数の暴力なんのその

憂鬱な月曜日もふとんから出てしてしまえば何とかなるということ

f:id:dolog:20170612215123j:plain

 どうも、ふとん大好き やくたです

 

Amazon|マットレス トッパー 高反発&低反発の二層式【MLILY エムリリー】デンマーク生まれ シングル 厚み7cm|マットレス オンライン通販

 

許されるのなら24時間365日年百年十四六時中ふとんにくるまっていたいと願っているのですが、なかなか成就しません。世知辛い...

 

ふとんから出るだけでも苦痛なのに、行きたくない会社に行くために自分から布団をはぎ取る行為はもはや自傷行為と言えるでしょう

 

就職してからかれこれ数年間このつらい作業を繰り返しているのですが、なかなか慣れることができません

 

特に月曜の朝、目覚めた瞬間の気分たるや...

 

嫌すぎて月曜はスヌーズ回数5割増しです(当社比)

 

もちろん最終的には起き上がるのですが、やるせない気分でいっぱいのまま出社しています

 

しかし、なんだかんだで出社するまでの道のりで気持ちは仕事モードに切り替わっていきます

 

そして今日も無事に仕事を終えて帰宅することができています

 

そんなこんなで結局一日の中で一番ハードルが高い作業ってふとんから出ることじゃないかって思うわけですよ

 

ふとんから出た時点でその日のミッション85%達成しているようなもんです

 

それぐらい心理的なハードルが高い

 

ふとんにくるまっている状態って360度外界と遮断されていて守られてる感抜群ですが、その分ふとん外への恐怖感嫌悪感も半端ないんですよね

 

ふとんの中でうだうだと一日の予定を組み立ててると、嫌な要素ばっかり思い浮かんできます。

 

数十分後に乗る満員電車、昨日の自分が今日に丸投げした仕事、面倒なアポ...etc

 

ふとんから出るとこんなにも嫌なことがもりもりもりだくさんだと考えると、ますます出れなくなってきます。そして悪い考えが量産されていくというスパイラル...

 

これが一日で一番心理的ハードルが高い作業だという理由です笑

 

いざ外に出てしまえばどうってことはないことが多いんですけどね

 

むしろふとんのなかで嫌なことのハードルが上がりまくっているので、大概想像を下回ります

 

というわけでとりあえずふとんから出ることができたなら今日の仕事ほぼ完了ぐらいの心持ちで挑むのが正しい月曜日の過ごし方ではないでしょうか?

 

とんでもなくクズな面を垂れ流してしまいましたが、きっと同意していただける方も多いと思います笑

 

ではではっ